VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【質問相談】がっかりする対応のこと

今年は猛暑になるんだそうですよ。

 

_( ´ ω `_)⌒)_「エアコンがあるじゃないのよー」

 

※今回あまり電子タバコと関係ない話になると思います。

 

 

これから電子タバコ(VAPE)を始めようかな、と考えている方とお話すると、自分自身の失敗体験から来る、沢山の伝えたいことによって、ついつい話が長く(くどく)なってしまいます。

 

。゚( ゚இωஇ゚)゚。「もういいからほっといてよ!」

 

と言われるか、そんな雰囲気を出されたりしない限りは、いくらでも話を続けてしまいます。

「ウザイ」と「ありがたい」の境界は人それぞれだと思います(開き直る)。

 

 

 誰かから何かを尋ねられた際、これは色々なことに当てはまると思います。

仕事のこと。趣味のことなど。

その時に1番やってしまいがちなのが

 

「人それぞれですから」

「それは自由ですよ」

 

で話を終わらせてしまうこと。

 

質問をした側は、聴く態勢が出来ていて、しかもそんなことは承知で質問している場合も多いですよね。

アタクシも経験がありますが、正直

 

(๑•́ω•̀๑)「そういう答えは求めてないのになあ」

 

となります。

 

答えとしては合っているし、全然間違いではなく、しかも相手のことも考えているんですけど

 

求めている答えが返ってこなければ意味は無いのだと思います。

 

 

質問した側は

 

(๑•∀•๑)「この人の話を鵜呑みにするかしないかはアタクシの自由だから、いろいろな人の間違っててもいいから個人的な意見を聴きたいの」

 

という感じ。

せっかく質問や相談を受けたのなら、前置きとして

 

「基本的に自由だし、人それぞれだけど」

 

と始めたあとに、自分なりの意見を並べるのが良いのではないかなと感じます。

 

社会では五月病を乗り切った新入社員の方々が、少し落ち着いて先輩に相談を持ちかける季節です。

喉が乾いて倒れそうだったり、トイレを我慢し過ぎてはち切れそうだったりしない場合は、ゆっくり話を聞いてあげるのも良いことだと思いますよ。