VAPEBOOKMARK

更新終了しました⇒移転先にて継続中です

【クリアロマイザー】TOPTANK mini


f:id:matsudokuronekoshokai:20170527004011j:image
 

商品名:TOPTANK mini(トップタンクミニ)

メーカー:Kangertech

タイプ:クリアロマイザー

容量:4ml

経:22mm

接続:510

 

 

Kangertechのクリアロマイザー、TOPTANKminiのインプレッションです。

 

TOPBOXminiのスターターセットに付属するアトマイザーです。大人気のスターターで、今やKangertechの代表作とも言えるヒットアイテムと言って良いと思います。

今更感はありますが、まだまだ売れてるようですね。

EleafのiStickPicoのスターターセットと違うのは、こちらはアトマイザー目当てで購入を決めた方が多いというところです。

 

レビューも山ほどありますし、スペックも有名だと思いますから、今回は別の視点でこのアトマイザーを見てみようと思います(単にいつも通りです)。

 

TOPTANKminiの魅力

 

1、見た目がかっこいい

2、リキッドがトップフィル

3、大容量4mlタンク

4、RBAユニット付属

 

注目はもちろん4。

なんとこのTOPTANKminiは、クリアロマイザーでありながらRBAユニットが標準でついてくるお得感の高いアイテムだったりします。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170527004153j:image

※画像はRBAユニット装着時

 

前モデルとなるSUBTANKminiも同じパッケージングで販売されていましたが、こちらはより使い勝手の良いトップフィル構造。人気が出ないハズがありません。

 
f:id:matsudokuronekoshokai:20170527004045j:image

 

既成コイルで十分美味い

 

RBA前提というわけではなく、付属のコイルの出来が良いのもウリです。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170527004105j:image

シュッと小気味良く立ち上がり、しっかり味の乗った元気なミストが飛び込んでくる感じは「Theクリアロ」という感じがします。

 

コイルの質が良いクリアロマイザーをスターターセットに付属させているメーカーといえばAspireやInnokinが挙がるかもしれませんが、KangertechのTOPTANKもコイルに関しては1歩も譲っていないと思います。

 

 

インプレッション

 

ここはアタクシが誰にも遠慮せずに書く場だと思っていますので、そのようにしようと思います。

 

(。 ー`ωー´)

Kangertechさん。

少々作りが雑じゃありません?

 

例えばこの写真


f:id:matsudokuronekoshokai:20170527005613j:image

 

エアフロー調整の穴の部分の塗装の下地が見えてます。他にも妙に塗膜が薄い部分があったりします。もうちょいなんとかならないのかしら、というのがまず1点。

 

((((;゚Д゚))))「まだあるの?」

 

確かに味は良いのです。

コイルは流石の一言。

でも、あまりに漏れが目立ちます。

 

 

漏れ問題

 

このアトマイザーのデザインやコイルに惚れて購入した方の、恐らく数十%の方々が経験するであろう、これら長所をなぎ払うかの如き漏れっぷり。

販売店すら頭を抱える漏れやすさこそが、このTOPTANKmini最大の弱点と言えます。

他のメーカーでここまでのものは、なかなかお目にかかれないです。

 

原因を探ろう

 

この前

 

(*´ω`*)「mi-yanさんはKangertech好きだよねー」

 

と言われたばかり。

アタクシ、Kangertechが好きだからこそ、同じ思いをして困っている方を助けたいのですw

 

吸い方やリキッドチャージの方法など、様々な対策がユーザー側から出てきては試されを繰り返してきた感じはあります。ただ決定打には至っていないように思えます。

強敵です。サ

 

さて

 

なんでこんなに漏れちゃうのかリキッドをかなり無駄にしながら探りましたところ、かなり怪しい部分を見つけました。

 

f:id:matsudokuronekoshokai:20170527011442j:image

 

アトマイザーを組み立てる際、コイルの天面にぶっ刺さるように差し込むのが、ドリップチップへと繋がるパイプです。

ここの結合部、一応パッキンらしきものはあるのですが、基本

 

スッカスカですw

 

※このパッキン、細長い棒のようなものでグルッと撫でてやるとちょっとボリュームが出て密閉度が上がったりしますが、焼け石に水程度の効果です。

 

ここがスッカスカだとどうなるかと言えば、想像通りリキッドが侵入します。

侵入したリキッドは、コイルのコットンが乾いていれば、そこに吸収されて終わりですが、そうで無い場合(コイルのコットンに充分にリキッドが浸透していた場合)は、空気取り入れ口に直行します!

 

((((;゚Д゚))))「だ、ダダ漏れ…」

 

TOPTANKminiを使う上で守らないといけないことは、リキッドチャージの時、この結合部より上までリキッドを入れないこと!

 

(_ ・A・)_バァンッ!!「タンク容量4mlはどうなる!?」

 

2mlも入れば充分っ!

 

((((;゚Д゚))))「ええええええええーっ」

 

※補足ですが、コイルに開いたリキッド供給穴は、タンクの底から見て5分の2くらいの位置にあります。そこより下のリキッドは供給されないので注意しましょう。

 

(๑•∀•๑)「ということは実際の有効タンク容量はざっと1mlくらいだね」

 

漏れるよりマシです。

実際これを意識的にやると、リキッド漏れが激減(それでも無いとは言えない)しました。

 

╭(°ㅂ°)╮╰(°ㅂ°)╯╭(°ㅂ°)╮╰(°ㅂ°)╯

 

解決ですね。

これで思う存分美味しく吸えます。

 

 

まとめ

 

精度が高く漏れの無い個体を引き当てる強運が自分にはある、と自信満々の方以外で、付属品やスペック、または好意的レビューに惹かれてこのアトマイザーを選ぼうとしている方は、別の道も視野に入れるべきだと思います。

これとは全く反対で、デザインやコイルに惚れて大博打すら辞さない覚悟を胸にこのアトマイザーを選ぼうとしている方は、きっと今回の記事が参考になると思います。

ご安心下さい。

同士はここにも居りますぞ。

 


f:id:matsudokuronekoshokai:20170527014128j:image

 

(๑•∀•๑)「やっぱりいいよねー。見た目良くて味も良いって最高です(リキッドぜんっぜん入れられないけど)」

 

優等生では無く、ちょっと問題あるけど愛嬌のある子。それがTOPTANKminiだと思います。

皆様もアタクシと共にこの魅力的なアトマイザーを可愛がってあげましょう!

 

 

 

Kangertechのクリアロマイザー、TOPTANKminiのインプレッションでした。