VAPEBOOKMARK

更新終了しました⇒移転先にて継続中です

【クリアロマイザー】melo3 mini

 
f:id:matsudokuronekoshokai:20170526103712j:image

商品名:melo3 mini(メロ3ミニ)

メーカー:Eleaf

タイプ:クリアロマイザー

容量:2ml

経:22mm

接続:510

 

Eleafのクリアロマイザーmelo3 miniのインプレッションです。

 

 

世界一売れている(現在)らしいEleaf iStick picoのスターターセットに付属しているアトマイザーです。

ものすごい数が流通しているアトマイザーですが、皆様このmelo3miniを使わずに、Picoには別のアトマイザーを載せていたりします。かなりの方が、このアトマイザーを持っているのにも関わらず、使われている子は少ない…なかなか不憫な子です。

 

レビューも出尽くし、今更感はありますが、アタクシはかなり使っている方だと思いますので、仕様よりも、その使用感を正直にお伝えしたいと思います。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170526104527j:image

リキッドはトップフィル。トップキャップに滑り止めっぽい溝があるので開けやすい方だと思います。

ホールも大きく、さらに真ん中の「リキッドを入れたらダメな穴」の周囲が盛り上がった構造なので、多少的が外れてもきちんとチャージホールに落ちていきます。

何気に親切。

でも恐らく意識的にそうした設計にしたのではなく、結果オーライでこうなった気がします。

それから全然関係ないですが、トップキャップの裏側にシリコンのパッキンが思いっきり詰まっているのが写真でもわかると思います。ここを触るとプニプニしていて気持ちいいです。

 

アトマイザー径は22mmでPicoには当たり前ですがぴったりサイズです。

エアフローは無段階調整で、見た目で開度はわかりませんが、動きはスムーズです。

ドリップチップは土管のような色気の無いものが付いていますが、断熱性はかなり高く、アトマイザーが熱を帯びても結構快適に吸えます。長さもあるので唇がトップキャップに触れにくくなっているのも良いです。

 

普通のカンタルコイルで吸っても煙量はそこそこ多いです。エアーがコイル中心の穴を通り、真っ直ぐ吸い口に届いているのがわかるようで、リキッドの味もわかりやすいです。

 

きちんと組み立ててあれば漏れも気にならないレベルで、ベストセラーMODのバンドルアトマイザーとして十分に使えるアトマイザーだと感じます。

 

 

インプレッション

 

よく聞かれる「味があまり出ない」とか「煙量が足りない」とかいう意見についてはアタクシは

 

(๑•∀•๑)「そんなことはないけど」

 

と感じています。

 

 

不満の原因

 

世界一売れているということは

 

このアトマイザーで始めて電子タバコ(VAPE)を経験した人が多い

 

ということです。

ここで敢えて言ってしまうと

 

最初からコイルの抵抗値に合った出力やエアフロー調整をして吸っていた方がどれくらい居るのかしら?

 

ということ。これを考慮しないと、例えば通販サイトなどのレビューは当てに出来ないと思います。

そのあたりを踏まえて、さらに個人的な見解で先に感想を言うと

 

(。・ω・。)「melo3 miniって結構良いよー」

 

です。

 

軽く褒めた後なので、軽く文句も言ってみます。

 

・見た目どんくさい(見た目大事だもの)

・ガラス割りやすい(みんな結構割ってる)

 

コイル交換の際や洗浄の時にアトマイザーを分解しますが、どこに力を込めて良いのかわかりにくいのです。

反時計回りに拗じると、まずトップキャップが外れます。が、その後

 

((((;゚Д゚))))「ガラス持って回すの?」

 

と思ってしまいます。だって握るとこ無いよね?


f:id:matsudokuronekoshokai:20170526111707j:image

ここから分解するには、まず最下部のクルクル回るエアフロー調整のところをしっかり持って、そのすぐ上の部分を反時計回りに回して外します。

最初からここで分割すると分かった方は逆にすごいかも。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170526112413j:image

間違えてガラス部を掴んで回すと、ガラスだけ外れたり、割って怪我したりします。

 

(๑•∀•๑)「エアフローのすぐ上を回すよ」

 

アタクシも何を隠そう1個割ってます。予備も付属していないし、売ってるお店もほとんど無いので苦労しました。

 

ただ場所的に、エアフロー調整部をホールドして力を込める行為が如何なものか、という気持ちはあります。実際何度も繰り返し開け閉めしているうちに、エアフロー調整部が少しガタガタしてきました。むう……

 

 

今だからこそmelo3miniで吸ってみよう

 

他のアトマイザーや様々なリキッドを味わい、MODの調整にも慣れた今、もう1度このアトマイザーで吸ってみると、本来の性能が分かってくると思います。

元々低めの抵抗値のコイルが付属していますから、それに合わせてMODの出力も調整しておきます。温度管理コイルを使う場合も、適切なセッティングを。

 

(。・ω・。)「このドリチ、太すぎない?」

 

ドリップチップの太さが、リキッドの味をぼんやりさせることもあります。

リキッドの種類や出力にもよりますが、そこそこ細めのドリップチップを付けてやりましょう。今ならあるでしょ、そんなドリップチップが。

 

さて

 

(๑•∀•๑)「やっぱりリキッドチャージしやすいなー」

 

久しぶりだと良いところも見つかります。もっと褒めてやりましょう。

 

( ゚Д゚)<ぶはーーーーっ!

 

どうです?

 

おいしい(๑´ㅂ`๑)じゃーん♡

 

確かにRTAやRDAに慣れた方には物足りないかも知れませんが、コイルが大きくリキッドをどんどん気化させていくので(燃費はあまり良くないけど)吸った感もあり、まあこんなことを言ってはいけませんが期待してなかった分おいしく感じます。

吸いすぎで2mlのタンク容量じゃ全然足りませんよー

 

 

まとめ

 

iStick Picoを買って電子タバコ(VAPE)を始めた方は多いはず。MODばかりに注目されていますが、melo3miniだって、きちんと丁寧に使ってやれば「出来る子」なのだと、みんなに教えてあげて下さい。

 

ただRBAユニットを買ったりしてまで使い込む、というのはどうかと思います。先に述べた通り、繰り返し使っていくと(分解&組み立てを繰り返すと)エアフロー調整部にだんだんと疲労が蓄積していきそうな作りです。

だめな子ではありませんが、過剰に期待しても大きく結果は残せないタイプですね。

 

GⅢだと連に絡んでくるくらい走るのに、GⅠとなると5着にも入らない馬っていますよね。あんな感じです。でもレースに出さないのはもったいないでしょう?だって結構走るんだから。

 

melo3 miniはまさにそんなタイプのアトマイザーです。

 

 

※この記事はmelo3miniの絶賛ではなく、正当な評価をしてあげよう、という意図で書かれています。持ち上げて落とすの繰り返しに感じるかもしれませんが、そもそもそういう記事です。

 

 

 

Eleafのクリアロマイザーmelo3 miniのインプレッションでした。