VAPEBOOKMARK

更新終了しました⇒移転先にて継続中です

【個人の自由】最近お気に入りの外出アトマイザー

アトマイザーの種類も形も仕組みも色々です。

ドリッパー派の方もタンク派の方も居れば、既製品コイルの味が好きな方や自分で巻いたコイルの味が好きな方も居ます。

 

(๑•∀•๑)「そういうのをそれぞれ尊重するのが大人だよね」

 

というのを踏まえて聞いて欲しいのですが

 

最近アタクシ、使用するアトマイザーの傾向がかなり偏りつつあります。

もちろんいつもフワフワっと特にこだわり無く

 

(๑•∀•๑)「今夜はタンクでちびちび吸おう」

 

と決めたすぐ後に

 

(๑•∀•๑)「ドリッパーどこー?」

 

とかやってるのですが、外出先でそんなこと言ってられません。もちろん電子タバコ(VAPE)専用リュックでも背負ってたら別ですが、仕事のカバンにそんな余剰スペースなどありません。いやみなさんありますまい。

 

 

(๑•́ω•̀๑)y-~~「うーん、アタクシの気まぐれを満たすアトマイザーは無いものかねー(わがまま)」

 

と考えた結果。

 

╰(‘ω’ )╯三『 R・D・T・A !!』

 

を常に持ち歩くようになりました。

そこそこ最近に出現したジャンルですから、まだ発展途上な感じもいたします。

ただエアフローコントロールを駆使し、可変出力をフル稼働させ、様々なセッティングを試して(遊んで)いるうちに

 

((((;゚Д゚))))「もうこいつだけでいいんじゃ…」

 

という心境に。

RDTAの良さというのは、名前の通り、タンクとドリッパーの良いとこ取り。

ありがちなのは、例えて言うとF/A-18ホーネットの初期型みたいに戦闘(対空)と攻撃(対地)のどちらにも対応しようとしたら、どちらも中途半端になった、みたいなやつ(改善されました)。

でもRDTAの優秀な点は、どちらの良いところもきちんと残したまま合体させているところ。しかも使いながら切り替えも出来ちゃう。

 

 

ドリッパーみたいに使う場合

 

ジュースウェルがめちゃくちゃ深い、リキッドが滲まないドリッパーとして運用。

 

タンクとして使う場合

 

味の良く出る、リキッドチャージのしやすいタンクとして運用

 

タンクからドリッパーに切り替える場合

 

リキッドが無くなるまで吸い、コットンが乾いたら、今度は吸いたい分だけリキッドを垂らして使う。

 

ドリッパーからタンクに切り替える場合

 

吸いたいリキッドをタンクにチューチュー注ぐだけ。

 

 

L(’ω’)┘完璧└(’ω’)」

 

味が混ざる?

混ざりますが何か?

 

(コットンが乾くまで吸えば味が混ざるのは最小限で済みます、がやはり混ざる)

 

(๑•∀•๑)「でも便利だよね!」

 

ちなみに本日はRDTA2台体制。

死角無し!

 

 

ただ繰り返しいろんなリキッドで吸いまくる為、コットンの損傷とガンクの付きっぷりがハンパないっすw

 

٩(。•ω•。)و「積極的にコイル周りを汚染していくよー」

 

 

みなさんも好みの機材とセッティングを見つけて、至福の一服を満喫しましょう!