VAPEBOOKMARK

更新終了しました⇒移転先にて継続中です

【理想】初心者向け:こんなスターターセットを買おう

 

|≧∇≦)ノこんにちは!

 

川沿いに咲いてた桜はすべて葉桜となりました。すごく暑いです。

新年度のバタバタも落ち着き、何か新しいことを始めるにはちょうど良いですね。

 

最近スマホ電子タバコ(VAPE)関連のショップの通販ページを眺めながら、いろいろなスターターセットをチェックしています。

 

(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニ「スターターセットっ!

 

なんて素敵な響きなんでしょう。

あれもこれも付いて、この価格!

別々で買うよりお得!

箱代がすごく高いので、別々で買うよりセットにして一個の箱に収めた方が安く買えるのです

 

 ( ̄△ ̄)「まーた無駄遣いしようとしてるー」

 

無駄ではありません!

別に何でもかんでも購入しようとしている訳では無く、理想のものが無いかなー、と候補を絞っているのです。まだ買ってないし。

 

ということで今回はアタクシが

「こんなスターターセットがあったらいいな」

というものの基準というか条件的なものを挙げていく記事です。

 

( ̄△ ̄)「・・え?」

 

い、いや、これは逆に考えればこれから電子タバコ(VAPE)を始めようとお考えの方からすれば、どんなことを踏まえて最初の商品を選べばよいのか、きっと指針になる、はずです。

 

 では

 

 

『2017年春・これから電子タバコ(VAPE)を始めようとお考えの方向け「理想のスターターセット」これに近いものを買おう!』

 

 

様々なメーカーからどんどん新商品が発売される電子タバコ(VAPE)。競争も激しく進化も早く、機能と質の割に安いものが多く出てきています。ここは思い切って「必要最低限」ではなく「必要十分」というものを選びたいところです。

 

スティックタイプの場合

 

①アトマイザーとバッテリー本体が分割出来るもの

 

510接続で繋がっているものなら、今後他のアトマイザーやバッテリーを購入しても、それぞれ別々に使うことが出来ます。純正の組み合わせ以外の方が良かった場合も多々あります。

 

②太さが22mmのもの

 

太さ22mmのアトマイザーは種類が最も豊富なので、後で別のアトマイザーに交換した時にも、ぴったりはまります。太さが著しく合わないと、格好が悪くてだんだんと使わなくなります。

 

③バッテリー保ちの良いもの

 

2000mAh以上の容量のものであれば、使い勝手良いです。割と抵抗値低めのコイルで吸っても、短時間で電池切れにはなり難いですね。

メインで使わなくなったとしても、予備機として活躍できます。1000mAh以下では、予備として運用することすら不安です。

最後にものを言うのはバッテリー容量です。

 

 

 

ボックスタイプ(アトマイザー+BOXMOD)の場合

 

MOD編

 

①18650バッテリーで駆動

 

電子タバコ(MOD)は繰り返し何度も充電するものなのでバッテリーが劣化したらすぐに交換可能な18650駆動を選ぶのが安心です。サイズ的にも他の物より流通しているので入手も楽。

 

②75wまで出力可能

 

もうスペック的に珍しくないです。普通に使うなら40wもあれば足りますが、最近多い低抵抗値コイルを使うには、出力に余裕がある方が精神的にも余裕が出ます。もう当たり前のようにサブオーム対応(1以下の抵抗値のコイルが使える)にはなっていますが、肝心の出力が低いのでは片手落ち感があります。

 

③Ni、Ti、SSの温度管理機能

 

だんだん標準装備化してきました。最初に使うMODで感じを掴んでおくと、後々役立ちます。SS(ステンレス)にだけ対応していないものもありますが、SSワイヤーは汎用性が高いので是非とも使える機種を選びたいところ。

 

④アトマイザー取り付け部がフラット

 

アトマイザーとの接続部が周囲より凹んでいたり、周囲に突起があって、使用可能なアトマイザーのサイズ(径)を選ぶタイプのものは出来れば避けたいです。最近は23~25mm径の良質なアトマイザーが増えてきました。基本的には22mmが主流とは言え、汎用性が低いものを最初に選ぶのは得策とは言えません。

 

 

アトマイザー編

 

①トップフィル構造

 

アトマイザーをMODから外さなくてもトップキャップ側からリキッドを補充可能なトップフィルは、今買うなら仕様として当然だと思います。自分を甘やかす訳では無く、時代の流れです。

 

②予備コイルが2つ以上付属

 

最初はちょっとしたミスでコイルをダメにしてしまうことも多いと思います。消耗品ですから予備が無くなると不安になります。

新車を買ったらガソリンが1目盛りしか入って無かったことを想像してください。予備コイルの数はメーカーの良心の現れだと感じます。

また特に条件に記載しませんが予備パッキン、欲を言えば予備ガラスも欲しいところです。単体入手が難しいからです。

 

③分解清掃可能

 

アトマイザーによってはほとんどバラせないものもあります。スターターセットというくらいですから、これで電子タバコを覚えるのです。リキッドは山ほど吸います。バラして洗えないのは衛生面でストレスになりかねないと思います。

 

 

番外

 

スティックタイプだろうがボックスタイプだろうが、自分の感性に突き刺さる、要するに

 

(。 ー`ωー´)「グッとくる」

 

ものを選びましょう。

色・形・サイズなど、どこがそのポイントになるかは人それぞれです。

世の中に完璧なものはありません。

でも多少の欠点は

 

(๑•∀•๑)「これが好き!

 

という事実の前では些細なこと。気に入ったものを使うとリキッドも美味しく感じます。決め手となるのはご自身の感性です。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

全ての項目に当てはまり、なおかつスターターセットとしてお財布に優しいアイテムは……

 

(๑•∀•๑)「あるのかね?」

 

この記事が、初めての電子タバコ(VAPE)選びの参考になれば幸いです。

 

 

f:id:matsudokuronekoshokai:20170421155105j:image

※2個目、3個目の機種を選ぶ際には、それこそ感性だけで選んじゃって下さいませ!