VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【廃棄】自作リキッドを捨てた日

リキッド自作のきっかけは様々でも、その道に進んだ以上は

 

٩(。•ω•。)و「美味しいの作るぞー」

 

という気持ちを捨ててはいないのだと思います。みんなね。

 

だから

 

(_ ・A・)_バァンッ!!「不味いっ!」

 

という物が出来上がったとしても涙拭き拭き吸っているのです。必需品としてリキッドの大事さを知っているからこそ捨てるなんてとんでもない。それに失敗は成功のもとだもの。

 

ただ

 

そうは言っても

 

いつかその日が来るのです。

 

初めてリキッドを捨てる、その日が。

 

 

あれは小雨ちらつく夜でした。ある程度美味しいフレーバーの比率も分かってきたような気がしてたし、多めに作っても吸い切れるリキッドも作れるようになってきたんです。

 

(´・ω・`;)「そもそも何故捨てたの?」

 

 吸えないからに決まってるでしょ!

 

(´・ω・`;)「どうして吸えないの?」

 

ホントに不味かったからだよっ!

 

調子に乗ったアタクシが、あまり見ない組み合わせで新鮮さを狙った結果生まれたリバースリキッド

 

ミルク+コーヒー+メロン

 

(。・ω・。)「そんなにヤバそうには思えないけど…ねえ?」

 

単体なら美味しいフレーバーでしたが、この組み合わせをした途端に牙を剥いて向かってきました。豹変した後の姿がこちらです。

 

薄めて放置した粉ミルク+安っぽく甘過ぎる缶コーヒー+まだ硬い青臭いキュウリ

 

素材の悪いところがこれでもかというレベルで見事に引き出されています。

 青臭いキュウリを甘い缶コーヒーに浸しながら、横に置いた粉ミルクの香りを嗅ぎつつ、それを食べれますか?

 

躊躇する間も無く、それを口にいれて

 

ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”

 

しまくった香りが口の中に拡がります(ました)。

 

Σ(TωT)あ--

 

お腹痛くなりそう(本気でそう感じる)だったので完成したばかりのリキッドを持って流しに直行しました。

容器も綺麗にしなきゃと思い、お湯を流した途端に、排水口から先ほどの臭いがもわーっと…

 

ウオオオオアアアア 'ω')/アアアアアッッッッ!!!!!

 

もうしません!許して下さいっ!

 

 

(。・ω・。)「フレーバーに罪はありません。混ぜた人が悪いんです」

 

この日を境に、無茶な配合や(大)冒険はやめることにしました。だって美味しく吸えたかもしれないものをゴミにしちゃうなんて罰が当たりますもんね。

最近は奇を衒うよりも、シンプルで美味しく吸えるリキッドに少しだけアレンジする方が成功確率が高いこともわかりました。

そう考えると、あの失敗も役にたったと言えるかもしれません。