VAPEBOOKMARK

更新終了しました⇒移転先にて継続中です

【RTA】Goblin mini V3


f:id:matsudokuronekoshokai:20170329190135j:image

商品名:Goblin mini V3(ゴブリンミニブイスリー)

メーカー:UD

タイプ:RTA(2ポスト4ホール、シングルorデュアル選択式)

容量:2ml

経:22mm(エアフロー部に突出部有り)

接続:510

 

 

UDのRTA、Goblin mini V3のインプレッションです。

 

コイルビルドツールも扱うUD社の手掛けたRTAです。

ビルドデッキはシングル用、デュアル用が好みで選択出来て、シングル用はワイヤーを固定するポールが片側に寄っている為、デッキスペースの割に大きめのコイルも設置しやすくなっています。

 

その他機能も充実しています。

まずはジュースコントロール。アトマイザーを捻ることで機能します。漏れ防止や、リキッドの粘度の違いによる供給量の調整に役立ちます。

エアフローはレバーを動かすことで無段階調整が可能です。開度をレバー位置で目視確認出来ます。ボトムエアフローなのでリキッドの味が素直に出ます。

 

さらにスピットバックを防止するパーツが付属しており、火傷が気になる方にも優しい設計です。

 

タンク容量は2mlと少なめですが、トップフィルでリキッドチャージも楽になっています。

別売りでエキスパンションチューブもリリースされており、取り付ければ4mlの大容量に早変わり。

 

優秀なライバルがひしめくRTAのフィールドで、機能&コストパフォーマンスの面で頭ひとつ抜きん出たモデルと思われる逸品です。

 

 

インプレッション

 

こいつは只者ではないぞ感満載のアトマイザーです。

 

全部載せかよ!

 

という程の機能充実。しかも全てきちんと機能します。

ゴブリンと言えばRPGの世界ではザコモンスターの代表格ですが、RTAの世界ではボスキャラ格かもしれません。

 

(。 ー`ωー´)「なんでゴブリンと名付けたのか問い詰めたいくらいだよ…」

 

 

それ美味しいの?

 

リキッド供給とエア量、そしてコイルの抵抗値のバランスが取りやすい為、リキッドの種類別に理想的なスタイルにセッティングしやすいです。

なので当然ながら

 

(๑´ㅂ`๑)「うまーい!」

 

所謂、爆煙セッティングより、バランス見ながら味を追求するような使い方が合っています。

 

こういうアトマイザー、みんな好きでしょw

 

アタクシはどストライクです!

 

 ただ、世の中に完璧など無いのです。

 

 

気になるところ

 

変わった構造は足枷になることが多いのは、他ジャンルも同じです。

やっぱりひっかかる、あのレバー。

直径22mmと言いつつも、エアフローコントロール用レバーの突出部の経は堂々の24mm。

最近流行しているステルスMODなんかは、取り付け可能なアトマイザーのサイズがかなりシビアな機種が多いです。

このレバーの突出のせいで使えないMODも多そう。

 

※半ステルスMODに近い構造のEleaf iStick Picoはバッテリーカバーに見事に干渉。カバーを外してなんとか取り付けても、やはりレバーの動作範囲が制限され、本来の機能を発揮しません。なんてことなの!

 

他に気になるのはドリップチップの取り付け部の構造。

 

 V3のトップキャップはリキッドチャージ用の際に外せますが、この蓋、

 

(´・ω・`;)「薄っ!」

 

ぺらんぺらん、です。

510ドリップチップは差し込み部分が5mm程度取られており、滑り止めのOリングがはめられているものがほとんどです。

蓋が薄いということは、ドリップチップはその下、タンクの上部の穴に差し込んで固定することになりますが、その結果

 

リキッドチャージの際にトップキャップを外すためには、まずはドリップチップを引っこ抜く

 

という作業が必要です。

最近はトップキャップを外さなくても、チャージホールを露出させる便利機構も出てきているので、この「ひと手間多い」システムが、悪い意味で目立ちます。

 

 

まとめ

 

難癖つけてますが、要は

 

「レバーが干渉しないMOD」を使って「リキッドチャージの時にドリップチップ外す」というだけです。

これだけ頭に入れておけばV3と仲良く付き合えます。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170330094448j:image

 

質感も良いし、ビルドもリキッドチャージも楽、さらに漏れない。何より美味しい。

そういうRTAが欲しい(出来ればお求めやすい価格で)!

 

それを早速叶えてくれたのがV3。

しかも2種類のデッキが付いてきた。

 

٩(。•ω•。)و「ちょっと銀行いってくる!」

 

アタクシはSS316で巻いたシングルコイルを乗せて、温度管理しながらフルーツ系のリキッドを吸うことが多くなりました。フルーツの甘味や酸味が際立って、幸せな一服タイムが満喫できます。

 

上手にビルドしてセッティングを合わせれば、そのまま味に反映するので、RBAの上達にも良いのかもしれません。

 

(。 ー`ωー´)「まだ本来の味が出てないってことか。練習しよう」

 

ということで、迷ったらコレ!アタクシが自信を持ってオススメできるアトマイザーです。

 

 

UD、Goblin mini V3のインプレッションでした。