VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【MOD】iStick Pico


f:id:matsudokuronekoshokai:20170327101800j:image

 

 商品名:iStick pico(アイスティックピコ)

 メーカー:Eleaf

タイプ:テクニカル

バッテリー:18650

接続:510(スプリング)

 

 EleafのテクニカルMOD、iStick Picoのインプレッションです。

 

小さなボディにも関わらず、Ni、Ti、SSの温度管理機能搭載。さらにバッテリーは交換可能な18650使用という高性能で、一気に定番機種に躍り出た話題のMODです。

 

人気をさらに後押ししたのが世代を選ばない秀逸なデザイン。

クラシックカメラを彷彿とさせる佇まいは、可愛くもあり、渋くもあり、どんなシチュエーションでもしっくりハマるはず。

長く使えるメイン&サブどちらもいける機種として、初心者からベテランまで、1台は持っていたいと思わせる、そんなMODです。

 

 

インプレッション

 

もはや何も説明要らないくらいレビューも出尽くした、という本機。

発売後かなり経ったので、似たようなコンセプトの機種も多く発売されましたね。

これから購入しようと考えている方は

 

「Picoを勧められたけど、最近の新製品の方が良いんじゃないの?」

「良いとこばかりピックアップされてるけど欠点は無いの?」

 

あたりが気になると思います。至極、普通ですよそれ。

 

実際どうなのよ?

 

18650を使っているのに小さい!というセールスポイントのは、逆に言えば「電池の大きさに本体サイズは制限される」ということ。iStick Picoの場合は電池の蓋を本体から飛び出させることで、実際のサイズを小さく見せることに成功しています。もちろん蓋はただの蓋。要はデッドスペース。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170327103419j:image

事実上のサイズは蓋も入れた寸法です。ということはアトマイザー取り付け部が凹んだ半ステルスMODに近いです。

 

ステルスMODの欠点は「使用アトマイザーのサイズを選ぶ」こと。太さや長さが合わないと、そもそも取り付け出来ない場合もあります。Picoの場合も同様で、長さはまだしも、22mmより太いアトマイザーは、突出した蓋部分にシビアに干渉します。

 

長く使っていると、しかも愛着を持って常用していると、地味にこれがストレスになります。

 

(๑•́ ₃ •̀๑)「Picoで使いたかったのになー」

 

ヒートシンク(かさ上げ別売り部品)を使えば取り付け可能ではありますが、頭でっかちなフォルムが許せない方も居るはず。むー

 

あと、気分的なものですが

 

本体デザインが秀逸なせいで「どんくさいデザインのアトマイザーが浮く」とか「近未来的デザインのアトマイザーに違和感が出る」という、機能的に問題は無い問題がありますw

 

 

ロットによるバラツキ?

 

写真を見て頂けると分かりますが、アタクシ、Picoが大好きで2つ所有しています。この2つ、両方共にオーセンティック(本物)なのですが、微妙に違いがあります。

 

・液晶の文字の輝度が違う

・温度管理時のエラーの拾い方が違う

 

文字の明るさが違うのは「個体差」の範囲だと言われますが、ここまではっきり違うのは謎ですw(黒が暗い)

温度管理時のエラーというのは、抵抗値の想定外の上下変化を感知して、ワッテージモードに移行させる機能のことを言っています。

 

※コイルは冷たい時と熱した時では抵抗値に差が出ます。大した差は無いのですが、これの値が大きさかったりすると、おや?となりワッテージに移行させるようです。

 

アトマイザー接続部の汚れや、コイル固定の不確実さから、こうしたエラーが出るようですが

 

黒:(。 ー`ωー´)むっ、エラーは見逃さないぞ!

 

銀:(*´ω`*)エラー?そう?ボクはいいと思うよー

 

というくらいの差があります。かなりデカイ差です。どうも初期生産に近いものの方が黒なんじゃないか、という説もありますが未確認です。どちらも不良品では無いようです。

 

(๑•∀•๑)「2つ買わなきゃ気付かなかったけどねー」

 

こうした個体差に遭遇し、もし気になるならば購入したショップに相談してみましょう。

 

 

持った感じ

 

手は小さい方ですが、かなりしっくりきます。これは個人差があると思いますが、親指でファイヤボタンを押す場合、アトマイザーが親指に近いほど、吸った時にしっくりくる、気がします。

アタクシ説ですが、赤ちゃんの指しゃぶりのスタイルに近いことで、安心感が呼び覚まされるのでは?と勝手に思っておりますw

 

(他社のMODでも同タイプのものにしっくり来るので、Picoだから、というわけでは無さそう)

 

吸う時の持ち方としては、アタクシは親指でボタンを押し、人差し指を曲げながら電池蓋の上に乗せるスタイルに落ち着きました。

Picoは半ステルス機だと言ってましたが、この吸い方だと半端なステルス機よりステルスってます。

 

 

まだまだ買いか?

 

サイズだけならPicoより小型の商品はたくさん出ています。ですが18650使用で、Pico並の機能がある物をその中から探そうとすると、まず、該当はありません(2017/3月現在)。価格も考慮すればPico一択となるでしょう。

 

小さいことに目を瞑って、その他の機能が似たものを探せば、選択肢はかなり広がりますが、だったらPicoでいいのでは?という答えです。

 

アトマイザーサイズの問題を踏まえ、同機能で近い価格帯を探すと、EleafのAsterあたりがあります。Picoの細いバージョンというくらい中身同じな機種ですが、さすがに24mmのアトマイザー乗せればはみ出します(付くから良いとしますけど)。

 

こうして改めて考えてみると、Picoがいかに良くできた子かわかります。売れ筋に必ず食いこんでくるので、価格も今はかなり抑えられていますね。あと、持ってる方が多いということは、フォローしようとする会社も多いということ。関連商品や、セットで売られているMelo3miniアトマイザーのコイルも、かなり出回っている印象です。

 

結論としては

 

まだまだ買い。というか今のうちに買っておこう。

 

という感じです。

カラーバリエーションも結構あるので、好みで選べるのもいいですね。塗装は結構しっかりしていて、ぶつけまくる使い方しなければ剥げることはほとんど無さそうです。

 

 

少し提灯記事っぽくなりましたが、かなり公平に書いたつもりです。それくらいお気に入りのMODです。もうこれだけでいいじゃん、とならないところが、アタクシの悪いところなのかも知れません。

 

 

Eleaf iStick Picoのインプレッションでした。