VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【RDTA】Avocado Genesis

f:id:matsudokuronekoshokai:20170323103504j:plain

商品名:Avocado Genesis(アボカドジェネシス

メーカー:Geek vape

タイプ:RDTA(2ポスト4ホール)

タンク容量:3ml

径:22mm

接続:510

 

 

Geek vapeのRDTAアトマイザーAvocado Genesisのインプレッションです。

 

ドリッパーと呼ばれるRDAの下にそのままタンクを設置したような形状が特徴的なアトマイザーです。

 

ほとんどのRDAにはジュースウェルと呼ばれるリキッドをある程度保持する為の窪みがあります。そのジュースウェルが大きいと何度もドリップする手間が省けて(横着者には)便利だったりするのですが

 

(≧∇≦)ノ「なんだったらもう下にタンク付けちゃおうぜタンク!」

 

という発想に

シビれます。

 

RBAですから自分でコイル巻いてコットン詰めなければいけませんが、2ポール4ホールという非常にビルドしやすいスタイルとなっていますので、そのあたり初めてのRBAにも適しているように感じます。

 

名前にGenesisとありますが、Genesisとはリキッド供給にコットンを用いず、主に密集絶縁ステンレスの毛細管現象を使う方式のことです。

AvocadoGenesisという名称はGenesisで組めますよ、という意思表示なのだと思いますが、実際Genesisで組んでいる方にお会いしたことはありません。

 

 

インプレッション

 

 もうレビューもされ尽くした感のあるAvocadoGenesisですので、逆に使い倒した感満載のインプレッションでいこうと思います。

 

「本音は実際どうなのよ」

 

好レビューばかりの品物だと、逆に勘ぐってしまうのがアタクシの性なのですが、このアトマイザーは

 

( ・∀・)つ「これいいよ、おすすめだよ

 

と結構本気で言えます。

 

購入後、スタメンとしてこき使っているのですが、まあ聞いて下さい。

 

 

Avocado Genesisのおすすめ理由

 

これがフタ開けた状態です。

f:id:matsudokuronekoshokai:20170323103505j:plain

見ての通りですが、ビルドが想像以上に楽です。

RBAの場合、しょっちゅう自分でコイル巻いて・・という感じになりますが、デッキにクセ(ショートしやすい&狭い&固定が面倒など)があったりすると、途端にそれが作業として

 

('A`)「面倒くさい・・」

 

と感じるようになります。

このアトマイザー、そういったストレスとは無縁です。これがもうとってもいい!

 

画像を見ていただくと早いですが

 

・シングルコイル(SS316)

・コイルの逆側に設置するセラミックブロック無使用

 

というセッティングです。

ドリップチップも内径の細い物に変え、まったりする気がまんまんだと分かります。

AvocadoGenesisは使っていくうちに方向性が決まって、セッティングはどこかに寄って行くものだと思います。

 

例として

 

RDA寄りなら

カンタルデュアルコイルでコットン短め

 

RTA寄りなら

SSシングルコイルでコットン長め

 

みたいな感じです。

デュアルコイルにすると、デッキからタンクへ通じるホールが全部コットンでふさがるので、タンクへのリキッドチャージはしにくいです。

 

それから例のセラミックブロックですが、真ん中に空気孔があって、コイルの真裏からエアーが当たるようにする為の部品ではありますが、正直あっても無くても味が変わらない・・いや、こういう言い方は良くないですね。無くても美味しいです。

アレが無いとリキッドチャージも楽なので、いつしか外したまま運用することが増え、今は一切使っていません。

でも美味しいよ。

 

あと大事なこと

 

 (_ ・A・)_バァンッ!!「漏れない!

 

 エアフロー調整と一体化した上蓋パーツを回してエア全閉鎖したら、もうドリップチップしか漏れる箇所は無いです。

 

※各部パッキンがヘタってくれば若干にじむことはありそうですが、かなり密閉度は高いのでいきなりドバッと漏れたりはしないと思います。

 

あと地味に良いなと感じるのはタンク容量3mlRTA寄りとして使用したいなら、このあたりが妥当な気がします。

まあチャージ楽ですからこれ以上は必要ないかな?図体デカくなるのも嫌だし、ね。

 

後から24mmサイズも登場し、似たモデルも続々発売されているAvocadoGenesisですが、今後も一線で使い倒してあげようと思います。

 

 

AvocadoGenesisのインプレッションでした。