VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【クリアロマイザー】CUBIS Pro

f:id:matsudokuronekoshokai:20170323103506j:plain

商品名:CUBIS Pro(キュービズプロ)

メーカー:Joyetech

タイプ:クリアロマイザー

タンク容量:4ml

径:22mm

接続:510

 

 

JoyetechのクリアロマイザーCUBIS Proのインプレッションです。

 

とにかく「漏れない」がキャッチコピーのアトマイザーCUBISの後継機種となっています。

デザイン以外で主に変わったところは、タンク容量が0.5ml増えて4mlになったことと、リキッドチャージの際にコイルごとごっそり上蓋パーツを外さなくても、一番上のキャップだけポコッと外してチャージ可能になったこと。

あとはエアフローの開き具合が目視確認出来るようになったこと。

 

関係ないんですが、Joyetechさんの綴り。Joytechだとずっと思ってましたw

(中にeがはいるのね。取引先はきっと間違えるよね・・)

社名を間違えるのは大変失礼なことだと社会人として反省しております。

 

話を戻します。

普通、アトマイザーというのはタンクの底にコイルが設置されて、その下にエアフローがある、という設計が多いのですがCUBIS Proの場合は、タンクの底には何もありません。

 

バケツみたいなものだと考えてください。

 

底にコイルもエアフローも何も無いということは、そこから漏れることはあり得ないということです。

 

Joyetechから発売されているスティックタイプのスターターセットeGo AIOのシリーズも、この方式を積極的に採用しています。初めて電子タバコ(VAPE)に触れる方が、おそらく一番嫌がるのが「リキッド漏れ」だと思われますので、きっとそのあたりを想定しているのかな?なんて思ったりしてます。

 

何だか良いことばかりのイメージですが

 

世の中に完璧などあり得ない

 

という言葉が脳裏に浮かびます。

 

 

インプレッション

 

ファイヤボタンを押すとジュッ・・、ではなくピチピチッ・・という音がして、高熱リキッドの飛沫が口の中に飛び込んできます。

そのあたりメーカーも知っているので、内部に螺旋構造を持つ専用ドリップチップが付属しています(写真参照)。これが跳ね(スピットバック)防止の切り札となります。

基本的に、この螺旋ドリップチップで吸うしかない、と考えていいです。

「そろそろコイル馴染んだから、普通の奴に変えよーっと」

と油断すると、ピチッ!っと来ましたよーw

 

加えて、他の方のレビューでもおなじみですが、まあとにかくすぐに「ジュルジュル・・」が始まります。

リキッドが供給過剰になった時の音に聞こえます。

で、そのまま放置して吸っていると、ドリップチップから蒸気ではなくリキッドそのものが口の中にどんどん入ってきます。ストローかよ!

リキッド補充用の蓋を空けると、ビシャビシャ。ティッシュ片手にドリップチップから息を吹き込めば、尋常では無い量がエアフローから吹き出します。

 

CUBIS Proの場合は、コイルの中に空気を通す設計になっていません。エアフローから勢いよく取り入れた空気は、コイルで気化させたリキッドを巻き込みながら、最後に口元へと運ばれます。

エアフローから吸い口までの道のりが近いからなのか、はたまた気化したリキッドがエアフローのおかげで空冷されて結露しているのか理由はよくわかりませんが、漏れないのか漏れてるのか、もうよくわかりませんw

 

それから意外に気になるのがエアフロー付近の熱持ち。コイルがドリップチップのすぐ下という位置関係かもしれませんが、相当な熱さです。エアフローという、いわば冷却効果もある部品に接していても熱いというのは、無かったらもっと大変なことになっている予感。

 

ということで

 

漏れない、という長所を埋葬するほどクセの強いクリアロマイザーですが、アタクシ結構よく使っています。

その理由として挙げるのは、二つ。

 

 

ジュルジュルをカバーして余りあるCUBIS Proの長所

 

リキッドチャージがとんでもなく楽

 

前述のバケツタンクの形状とエアフローの位置により、他のトップフィル式アトマイザーで見られる「リキッド補充時の漏れ」は一切ありません

また補充用ホールの大きさが大きく、非常に入れやすいのもポイント高いです。コイルごと上部パーツを抜いてしまえば、もはやチャージにスポイトすら要らないです。

つまりティッシュの節約にもなります!

 

4mlの大容量タンク

 

外出時の強い味方となるタンク容量は4ml。チャージのしやすさも考慮すれば、外出時最強かもしれません。立てて置いている場合は漏れも無いのですから、無駄にするリキッドもほとんど無し。

 

┐(゚~゚)┌「君はできる子なのかダメな子なのか、本当によくわからない不思議な子だねー」

 

ではこの不思議な子を運用していく上で、自分がしていることを書いていきます。

 

 

「コイルを見て推奨ワッテージを守る」

 

要するにジュルジュルさせる前に高温で炊き上げるような使い方をします。ただ調子に乗るとドライヒットしますので、ファイヤボタンを押した際のピチピチ音の減少に注意です。

あと当然ながら「すごーく熱く」なりますので火傷には気をつけてください。

 

「エアフローは全開」

 

味の濃さに直結するエアフローの開き具合・・ですがCUBIS Proの場合、エアフローを絞っても味はあまり濃くなっていない印象です。

それどころか、全開で勢いよく吸った時の方が、味がしやすいイメージです。おそらく、コイルの中にエアを通さない設計が関係しているのでしょうが、取り入れた空気の流れに発生させた蒸気を巻き込むようなかたちでミックスしていると思われるので、こうした現象が起こっているのだと感じます。

 

「余熱時にも吸う」

 

ファイヤボタンを離しても、余熱でリキッドは少量気化しています。ただでさえジュルジュルしやすいので、ここで発生した蒸気もついでに吸ってやるようにします。手間のかかる子です。

 

 

以上の3つを意識して使いだした途端、この子は本領を発揮し始めたのです!

f:id:matsudokuronekoshokai:20170323103507j:plain

 

「おまえ、やればできる子だったんだね・・」

 

以上、CUBIS Proのインプレッションでした。