読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【コットン】スコティッシュロールとかスシロールとか

自分でコイルを巻くようになり、ずっと何が正解なのか分からずモヤっていた時、とあるショップでコイルを巻いていた方に

 

コットンワークが大事なんですよ

 

と色々と丁寧に教えて頂いたことがあります。

その後、youtubeなどで関連動画を見たりしながら、自分で試行錯誤。

こんなに面白いものだとは思わなかったです。

 

検索していて見つけたスコティッシュロールウィッキングスシロールウィッキングを説明した動画は、分かり易くて面白かったです。自分もおそらく同じ方向で試行錯誤しています。

 

主にRDA(一部のRTAでも当てはまります)で使用するコットンワークについてですが、大事なところは「密度を高くしたコットンをコイルの内側にどれだけ詰め込めるか(リキッド保持力)」ということと「コイルから出ているコットンの密度を下げながら繊維の向きを整える(リキッドをコイル内側のコットンへ素早く集める)」こと。だと思います。

 

イメージするのはジャガイモが根を張り土地の中の水分を吸う様子(前述の方の例えをお借りしました)。

ジャガイモがコイル内側のコットンになります。

根がコイルからはみ出したコットン。

水がリキッド。

根は少なすぎても供給不足につながるのでダメ。多すぎるとジャガイモよりも水を貯めこんじゃうからダメ。

なんだか凄くデリケートですよね。

言うまでもなくアタクシも上手く出来ません。

 

そこまでやらなくていいんじゃないの?

 

という声もアタクシの内側から聞こえてくる、気がしますがw

今夜もコットンとピンセットが呼んでいる、気がするのです・・