読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【節約】コイル自作&リキッド自作への流れ②

①からの続き

 

よく目にする→

 

電子タバコ(VAPE)をもっと楽しみたいなら、自分でコイルを巻くRDAとかRTAの方が面白いですよーbyお店スタッフ

 

みたいな1文。

 

アタクシの場合は

 

楽しむ<節約

 

というのが大きかったので、その方向へ進むことに迷いが全くありませんでした。

ただコイル巻くことより、リキッド代節約の方が優先だったので、最悪後回しでもいいかなーなんて思っていたのです。

 

※後日、それが間違いだったと判明します。

 

まず始めたのがリキッド自作への準備。Googleの力(諸先輩方の足跡)を借り、リキッドの成分を調べます。

 

 

電子タバコ(VAPE)リキッド主成分

 

①VG ベジタブルグリセリン

②PG プロピレングリコール

③香料

 

 全て国内で調達可能です。

ざっくりですがそれぞれの役割は

 

VGは蒸気の元。香料と混ざりにくいらしい。粘度が高い。

PGは香料を溶かす液体。さらさらしてるのでVGを薄めてのばす効果も。

香料はその名の通り色々な香りでリキッドの性格を決めるもの。

 

VGとPGの混ぜるバランスは1:1でも良いのだけれど、香料を入れることを考えて、ややVGを多めに入れると良いと思います。

蒸気多めにしたい時はVGをさらに多く。でもあまり多いとドロドロ過ぎて、アトマイザーによってはリキッドの供給が追いつかなくなるかもしれません。

難しそう、という程では無いけど、気を使います。

 

VGとPGは通販サイトで簡単に買えますので、なるべく純度の高いものを、適度な量購入しましょう。

 

そして香料。

 

何と電子タバコ(VAPE)用フレーバーとして国内で販売されていました。なんという至れり尽くせり。

もちろん食品用も売られていますが、気化させて吸う、という一般的には

 

(๑º△º๑)

 

な用途ですから、いろいろ考えずに電子タバコ(VAPE)用を買うのが良いと思います。

 

 

さて

 

日本の物流業は優秀ですので、物資はすぐに集まります。

いよいよリキッド自作です。

 

 

☆リキッド自作開始☆

用意するもの

・ベースリキッド用容器

(容量が分かる目盛りつきが良いです)

・計量カップみたいなもの

(大は小を兼ねるのですが、あまり大きいと計り難いです)

ハンドミキサーかシェイカー

(きれいに混ざればOK)

・スポイトかシリンジ

(安くてじゅうぶん)

・小分け容器

(使用済みリキッド容器など)

 

 

①まずはベースリキッド作成。

 

現実的な量を作成します。今回は200mlに設定。

調理用の計量ツールを使用します。アタクシはドレッシング作るやつを使いました。

配合比を決めてVGとPGを混ぜます。

自分は7:3でVGやや多めにしました。

 

VG140ml

pG60ml

 

これを容器に入れてハンドミキサーで丁寧に完全に混ざるまで攪拌します(シェイカーで振っても大丈夫ですがこぼさないように)。

 

ベースリキッド完成です。

今回は200ml作りました。たちまち漂うお得感。

 

 

②いよいよ香り付け。

 

出来たベースリキッドを小分け容器に入れます。

空いたリキッドの容器を捨てずに洗って取っておくと良いと思います。

今回は10ml作ります。

お試しサイズ。

 

ベースリキッドを小分け容器に8ml、スポイトかシリンジ(注射器)で丁寧にいれます。

10-8=2

残り2mlが香料のスペースです。

好みの香料(フレーバー)を入れたら、容器を良く振って混ぜ合わせましょう。

 

そしたら

 

(∩´∀`)∩完成ー!!

 

美味しいか不味いかはあなた次第、ではありますが、初めて作ったリキッド。

意外と美味しく感じません?

 

 

めでたしめでたし

 

だと思っていたアタクシでしたが、後日、思ってもみなかったことが起こるのでした。

 

 

続きます。