VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【禁煙】禁煙しよう④

③の続き

 

リアルタバコとニコチン入りリキッドを使った電子タバコ

 

※繰り返しますが、ニコチン入りリキッドは現在国内で販売も譲渡も禁止されており、自身で使用する目的でのみ、個人輸入が1ヶ月分120ml(目安)だけ許されています。

 

全く違うものではありますが、ニコチン摂取という目的からすれば同じもの。

 

ただ、吸ってみると両者、結構違いがあります。

 

まず、体内の血中ニコチン濃度が下がり

 

(ノシ ・A・)ノシ バンバン

 

「タバコ吸いたいよー」

 

という状態になったとします。

 

リアルタバコの場合は吸うと「喉から肺に明確な煙感覚があり」「一瞬のクラクラの後、ふわっと全身が落ち着く感じ」がします。

その後はその「落ち着いた感覚がしばらく持続」するような、そんな感想です。

 

電子タバコの場合は吸うと「喉にのみ煙を吸った感覚があり」「クラクラすることは無く」て、吸いごたえはあまりありません。

そのまましばらく吸っていると「緩やかに落ち着いた感覚がやってくる」ようになります。

 

吸うのを終え、数十分経った後の感じは両者ともに、ほぼ同じです。

 

※あくまでアタクシの個人的な感想ですが、恐らくみなさん、だいたいそんなもん、という意見だと思っています。

 

リアルタバコは速効性。

電子タバコは遅効性。

 

ふーん

 

という感じだとは思いますが『これ』が意外と重要だったりします。

 

アタクシ、しばらくニコチンは電子タバコから取るように意識してきましたが、普段生活していると、たびたび出くわすこんな場面。

 

『仕事の合間の僅かな休憩時間。それもやっと取れた休憩。全身がニコチンを欲している状態。目の前には喫煙所』

 

・:*+.( °ω° ))/.:+*.

 

手にするのは

 

『リアルタバコ』

 

いや、もちろんね、1本。最初の1本だけでいいんですよ。でも今は本物が吸いたいよ!

 

というの

 

分かって下さいとは言いませんが、許してくれませんでしょうか。

 

そんなこんなで、アタクシはいまだに完全にリアルタバコを辞められていない状態にあります。

 

参考までに

 

電子タバコを始める前は1日で2箱半吸っていたメビウスワン。今は10分の1以下の、4本で済んでいます。平均ですので、2本で済む日も6本いっちゃう日もありますが、意思の弱い自分が全く無理無くここまで減らせたことが嬉しいので、正直に報告です。

感覚的なものですが、血中のニコチン濃度についても、以前よりも、薄い、状態で満足感が得られているように思えます。

 

それから二次的なものですが

 

灰や煙、ヤニ臭さが明らかに無くなったことで、部屋も汚れなくなり、服の臭いに神経質にならずに済むようになりました。

それと、これは我が家だけですが、原則禁煙の自家用車の中でも、電子タバコは吸っても良いと許可が出ましたw

これで渋滞時のイライラも解消されました。

 

リアルタバコを減らしただけで、知らなかった世界が見えてきた気がします。

 

 

繰り返しとなりますが、これはあくまでアタクシのケースですので、皆さんに当てはまることでは無いと思います。が、皆さんにはそれぞれの「効果」があるのだと感じますので、禁煙や減煙をお考えの方は、選択肢の一つとして

 

電子タバコ

 

を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

おまけへ続く