読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VAPEBOOKMARK

٩(。•ω•。)وケツを蒸気責めだー!:電子タバコ(VAPE)のブログです

【RDTA】Serpent RDTA

 
f:id:matsudokuronekoshokai:20170429004726j:image

商品名:Serpent RDTA(サーペントアールディーティーエー)

メーカー:Wotofo

タイプ:RDTA(2クランプ、シングル用)

容量:2.5ml

経:22mm

接続:510(コンタクトピン調整可能)

 

 

Wotofoの人気アトマイザーSerpentシリーズのRDTAバージョンのインプレッションです。

 

タンクを下部に持つドリッパータイプのアトマイザーです。所謂RDTAと呼ばれる形で、このSerpentRDTAもその名の表す通り、下部に2.5mlのガラスタンクを備えています。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170429005309j:image

 写真の通り(アトマイザーのドリップチップは変えてあります)、ドリッパーのように蓋を取って、リキッドをコットンに直に垂らしても使えます。

空気の取り込みは、このサイドの横長の穴から吸気し、コイル直下から吹き出すボトムエアフロー式。上蓋をずらして流入量は無段階調整できます。

全閉すると全然吸えない&全開でも多少抵抗がある、ということで爆煙向けではありません。見た目によらず、かなりタイトなドローを選べるのが特徴です。

 

(๑•∀•๑)「味、濃い!」

 


f:id:matsudokuronekoshokai:20170429010049j:image

空気取り込み口の反対側にはブタ鼻があり、ここがリキッドチャージの穴となります。上から垂らすか、横から入れるかはお好みになりますが、この穴、割と入れやすいです。

ちなみにこの画像でトップキャップの内側のドーム加工も確認できると思います。手を抜いていないですね。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170429010333j:image

 コンタクトピンは一応調整できますが、ほんの少しだけ。

 

そしてこのアトマイザーのウリとなるのがこれ。

f:id:matsudokuronekoshokai:20170429010459j:image

コイルの固定は、この二箇所のクランプで行います。

上部のプラスネジを緩めて、プレートに隙間を作り、その間に挟むようにワイヤーを入れて固定する方法です。

 

(๑•∀•๑)「簡単そうだねー」

 

簡単さで言えばベロシティデッキと大差無いのですが、この方式のメリットは太いワイヤーや、円断面でないワイヤーを楽に固定出来ることです。普通のRBAではホールに入らないワイヤーも、このクランプ固定なら、いけます!

 

(。 ー`ωー´)「流行りのクラプトンワイヤー各種も余裕なのね」

 

写真は内径3mmのツイストコイルですが、見ての通りまだまだスペース的にゆったりしてます。もっと太いコイルも固定出来そう。

 


f:id:matsudokuronekoshokai:20170429011622j:image

ワイドボアドリップチップを使わないと、上部パーツはこんな構成です。真ん中の樹脂パーツを介して510ドリップチップを接続します(純正は短く吸いにくいので、ここでは長いものに変えてあります)。樹脂パーツは断熱効果を狙っていると思われます。実際かなり効いています。

 

 

インプレッション

 

なんでこんなに美味しいのかしら?

と吸いまくる日々でした。シングルコイル前提のRDTAでリキッドチャージが楽、ということで考えると、このSerpentRDTAは頭一つ抜けているように思えます。

こいつはオススメ出来るぞ!と使い倒していると、やっぱり出てきます。このフレーズ。

 

世の中に完璧な物など無いのです。

 

 

見た目はかなりGeekVapeのAvocadoGenesisに似ています。ボトムエアフローのせいでSerpentの方が背が高いかと思ったのですが、実際はほとんど同じです。

 

ということでかなり腰高になっています。


f:id:matsudokuronekoshokai:20170429013041j:image

 

((((;゚Д゚))))「コイル近っ!!」

 

近すぎコイルの影響

 

唇の数mm先でコイルがジュージュー鳴る緊張感w

ちなみにリキッド跳ねはそこそこあります。あっついんですよね、とにかくコイル近すぎ。

その分というか、リキッドの味はかなりダイレクトに伝わります。コイル直下にあるエアフローも良い効果を生んでます。

が、熱い飛沫もその分ダイレクト。

アタクシ唇の皮が剥けましたw 

 

(๑•∀•๑)「ワイドボアドリップチップにすると、舌先でコイル舐められるかもー(絶対にだめ)」

 


f:id:matsudokuronekoshokai:20170429194518j:image

よく見るとドリップチップの付け根部が溶けています。そうなの、コイル近いから下からはみ出すドリップチップはコイルに触っちゃいます。

 

((((;゚Д゚))))「おいおい…」

 

大きなコイルが楽に固定出来るのがウリのSerpentRDTAですが、コイルが大きいとドリチに触っちゃうのがジレンマ。

いや、もうドリップチップ外そうか。

 

٩(。•ω•。)و「welcomeスピットバック!」

 

※ワイドボアの物を使うならクリアランスはOKです。ただシングルコイル前提で味重視っぽい雰囲気を出しつつワイドボア推奨って、身長160以下しか入れないバスケ部みたいです。

 

漏れるの?漏れないの?

 

エアフロー全閉で立てておく限り漏れない、なんてのは当たり前なのがRDTA。

問題は不注意で横にした際にどうなのか、という点です。漏れるとすればコットンホールです。

 

(๑•∀•๑)「大丈夫ですよー」

 

ホールと同じ径ぐらいのコットンをきちんと中まで入れておけば、隙間が無くなりリキッドは出てきません。もちろん横倒しで何時間も置いたら知りません。

コイル直下にエアの吹き出し口がありますが、中はどんな構造なんでしょうね?ここからは漏れてきません。漏れないことは良い事なので深く考えないことにしました。

 

オススメ出来るのかどうか

 

欲を言えばチャンバー内スペース(上側)がもう少し欲しかったのと、タンクのリキッド容量をもう少し増やして欲しかったです。

背を低くしたかったのかどうか分かりませんが、そこだけ気になります。

初めてのRDTAとして選ぶなら他にいろいろライバルが居ますが、ある程度RBAに慣れた方で、シングルコイルで吸うのが好き&いろいろなワイヤーを試したい方には、ドンピシャな感じがいたします。

 

まとめ

 

いろいろな要因を差し引いて考えても

 

(๑•∀•๑)「とっても使いやすくて美味しい子」

 

です。

コイルの高さを考えてビルドすればドリップチップとのクリアランスは取れますし、タンク容量はリキッドチャージのしやすさでカバーできます

基本的に漏れないので安心だしコイル固定もワイヤーの種類に制限されないのが嬉しいです。アタクシとしては、かなり、かなり使い勝手が良い印象です。

あと、価格も優しい。

 

(๑•∀•๑)「外出先に連れ出せるRDTAとしての、有力候補ですな」

 

アタクシはこのSerpentRDTAにSS316で巻いたコイルを載せ、温度管理しながら、穏やかなミストをのんびり楽しむのが好きです。

燃費も良く、熱にも悩まされず、焦げも気にせずに味わうリラックスタイムの一服のお供は、やっぱりこいつかな、と思います。

ワイヤー固定が特殊なので、太いワイヤーで巻いた大きなコイルを想定しがちですが、エアフローの特色も含めてトータルで考えると、こうした使い方がしっくり来ます。

衝動に任せて買ってしまったアトマイザーも多いですが、だんだんと出番が減る子もいます。でもSerpentRDTAは、ずっと使いそうだな、という雰囲気を持っていました。

こいつは買って正解に思える優秀なアトマイザーのひとつです。

 

 

Wotofo、SerpentRDTAのインプレッションでした。